Macの不可視ファイルを削除するアプリケーション2つ

Macの不可視ファイル(.DS_Storeや._で始まるファイル)はWindows環境へファイルを渡す際には、一切不要なモノとなります。
(2010/1/11追記 アプリケーションをもう一つ追加しました)

不可視ファイルを削除する方法としては、主に以下があります。

  • ターミナルなどで、不可視ファイルを可視化する
  • Finderとは別な不可視ファイルを扱えるファイラーを利用する
  • Zip形式など、Macリソースをカットしてくれる圧縮をかけて、再展開
  • Finderの検索で不可視ファイルの条件で探す
  • Windows側で削除する
  • 専用のアプリケーションを利用する

今回は『専用のアプリケーション』で対応する方法をご紹介します。

ちなみに、WindowsでMacの不可視ファイルを削除する場合は以下をご参照下さい。

Mac特有の.DS_Storeや不可視ファイルを除去するアプリ「furui for Windows」

画像

Macのみで.DS_Storeやその他の不可視ファイルを削除する

オススメソフトその1 『deleteDS.app』

All Aboutの過去の記事に、『メモリーカードのメンテナンス』という記事があります。

メモリカードのメンテナンス – [Mac OSの使い方] All About

不可視ファイルの削除、ターミナルを利用した方法ですが、Apple Script化され、簡単に使うことができます。

Apple Scriptのダウンロード

使い方

deleteDS.appを起動するとパスワードが要求されます。
管理者パスワードを入力します。
※パスワードは隠されずそのままダイレクトに表示されるので注意。

あとは対象としたいフォルダを選ぶだけです。

オススメソフトその2 『カス削除くん』

BUNさんから教えていただきました!

Adobe AIRアプリで、Windows・Mac・Linux問わず動作します。細かい設定もできて使い勝手も悪くないです。

いずれも使用の際には、念のためファイルのバックアップを。

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。