Illustrator CS5で使える配置画像を収集するアプリ

Illustrator CS5で配置画像を収集する方法です。入稿データの最終整理などで活用します。

収集アプリ

主に以下のようなアプリがあります。

  • イラレの鬼(昔ながらの有名どころ)
  • Collect For Output(Adobe純正)
  • 画像収集K
  • 画像収集CS5(CS3)

イラレの鬼なんかは昔は定番でしたが、新しいOS、新しいIllustratorには未対応です。

画像収集Kも昔は愛用していましたが、今の環境だと起動すらしない状態に…。

と言うことで、私の環境

  • 2010年のiMac
  • Mac OS X10.6.7
  • Illstrator CS5

で、バッチリ使えているのは『画像収集CS3』です。

画像収集CS3

以下のサイトからダウンロード可能です。

http://umeo2000.appspot.com/software

画像収集CS5』は、Windows用とMac用がありますが、私のMac環境では落ちまくって使えません。

ページの下のほうにある、『画像収集CS3』は問題なく使えます。
ちなみに、CS3、CS4、CS5と使い続けています。

画像収集CS3の使い方

1.ドキュメントを開く
画像収集をかけたいIllustratorのドキュメントを開きます。作業を加えた場合は保存をかける必要があります。

2.画像収集CS3を起動
Illustratorのドキュメントを開いた状態で、画像収集CS3を起動します。

3.保存先の指定
任意の場所を選択します。

4.収集完了
Illustratorのドキュメントと、配置画像が一式保存先にコピーされます。収集元にキズはつきません。

リンクされた画像ファイルは、収集先にコピーされたIllustratorファイルと関連性が持たれています。

補足、画像収集CS5

私の環境ではすぐに落ちてしまい、まったく使えない状態ですが、いろんなオプションがあるので、これが使えればイロイロ便利そうです。

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

2 件のコメント

  • 環境的にはiMacとMacProの違いがありますが、「画像収集CS5」問題なく使えました。コピー中のプログレスバーも出てくれるし、助かりますね。

  • Grr さん

    うまく動作するようで、うらやましいですねー。
    うちはシステムとの相性が悪いのか、やっぱり落ちます。
    CS3でも必要最小限の機能は果たしていますが…。

    もうちょいがんばってみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。