Macで動作が重いかな?と思ったらメモリを開放してみよう。Dashboardウィジェットを使って簡単に行う方法

Macを長時間使っていると、メモリが断片化して動作が遅くなってきます。再起動したり、メモリ解放のアプリをインストールすれば問題ありませんが、Terminalで簡単にメモリを解放することができます。

Macのメモリを開放するコマンド

Macのメモリの断片化を解消するには「purge」を使用します。

$ purge

これだけで、メモリが解放されます。使用している環境にもよるのでしょうが、私の場合2GBくらい軽減されます。

または「du」コマンド

「$ du」も、同様にメモリの解放を行うコマンドです。

$ du -sx / &> /dev/null & sleep 25 && kill $!

参考:Macでメモリを解放するには、purgeよりduを使った方がいい? | Macとかの雑記帳

メモリが断片化していて開放が必要かどうか手軽に見る方法

私の場合、Dashboardのウィジェットを使用して、常時モニタリングしています。ホットコーナーで一発呼び出し、確認してそのまま開放する、と言う流れです。

iStat Pro

iStat Pro (Mac) – ダウンロード

メモリのほか、HDDの消費容量、IPアドレス、c婦などの温度、ファンの回転数、バッテリー残量、マウスの電池残量などあらゆる情報をモニタリング可能です。

軽量版の iStat nanoもあります

アップル – ダウンロード – Dashboard ウィジェット – iStat nano

ダッシュボードにターミナルを常駐させ、そこからpurge!

アップル – ダウンロード – Dashboard ウィジェット

WidgetTermを入れておけば、すぐにコマンドを実行することができます。一度入力したコマンドはキーボードの「↑」ですぐに呼び出せます。メモリ解放だけではなく、普通にTerminalとして利用するのもアリですね。

purgeを実行すると、iStat Proに即時反映されます。この例では1GBちょっと開放が成功しました。

001

こんな感じでダッシュボードだけで状況確認からメモリ解放、開放結果の確認まで一元管理が可能です。ダッシュボードを眠らせている方、使用してみてはいかがでしょうか。

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。