Google Chromeでフォームの自動入力候補を個別に削除する方法

Google Chromeでフォーム入力の値を保存していくと、次回の入力が素早く行えるようになり便利です。しかし、誤った情報や表示させたくない情報を保存してしまった場合は削除したいものです。

Chromeでは環境設定から一括で消去することができますが、個別に消去する方法をご紹介します。

Windowsの場合

Googleのヘルプに記載されています。

フォームの自動入力 – Chrome ヘルプ

保存されている特定のテキストを削除する
フォーム内のフィールドに入力すると、そのフィールドに過去に入力したテキストがメニューに表示されます。保存されている特定のテキストを削除するには、キーボードの矢印キーを使用してメニューから選択し、Shift+Delete を押します。

特定の語句を削除するには、フォームで該当の語句が表示されているとき、そこにフォーカスを当て、以下を押します。

Shift + Delete

Macの場合

Macの場合、Windowsとはキーボードショートカットが異なります。以下を実行することで、特定の語句を消去することができます。

shift + fn + delete

 

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

1 個のコメント

  • 「保存されている特定のテキストを削除するShift+Delete 」はグーグルで調べても見つからなかったんですよね。助かりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。