e-Taxで確定申告を行う際にハマったエラー「HJS0426E」「HJS0407E」と、インストールするものなど

2016年に行った確定申告で、最終的には提出できたのですが、どうしてもスムーズにいかなかったので来年に向けてのまとめ。エラー「HJS0426E」「HJS0407E」に悩まされましたが、最終的には無事に提出することができました。

提出を行った環境

マシン的にはMacです。OS X El Capitan 10.11.3 + Safari 9.0.3なのですが、どうもうまくいかないため、Macでの提出は諦めて VMwareに積んだWindowsで行うことにしました。

Windows

VMware Fusionは、Macの中にWindows OSをインストールして利用できる、仮想環境のアプリケーションです。Windowsでしか動かないソフトウェアや、今回のような確定申告など、環境が限定的なものに対して有効です。

スクリーンショット 2016-03-14 12.43.55

Windows on Mac – VMware Fusion 8

ICカードリーダライタ

ICカードリーダライタは、NTT Communicationsの「SCR3310-NTTCom」ですが、このほかにも対応しているものがたくさんあります。

num_rwlist11.pdf

インストールするもの

Windowsでe-Taxソフト(WEB版)を利用するには、いくつか特殊なファイルのインストールなどを行わなければいけません。まずは以下を入れればOK。必要なもののほとんどを一括でインストールすることができます。

事前準備セットアップファイル

事前準備セットアップ(Windows / Internet Explorer用)(exe形式:約61.1MB)

Java

続いて、Java。Windowsではよくアップデート通知がくるアレです。入っていない場合は必ずインストールが必要です。最新版をダウンロードしましょう。

無料Javaソフトウェアをダウンロード

ICカードリーダライタのドライバ

これは利用している端末に応じて、インストールします。なお、これら一式をインストールした際、PCを再起動しておきましょう。環境によっては、再起動しないと利用できずハマる場合があります。(ハマりました)

基本的には、これらのインストールにより、確定申告ができる環境が整うはずです。続いて、ハマったこと2つ。

エラーコード「HJS0407E」

最後の最後に、こんなエラーが出て、あと一歩のところ提出ができませんでした。

ICカードを認識できませんでした。ICカードリーダライタの設定等をご確認の上、再度処理してください。

スクリーンショット 2016-03-14 13.02.17

公式のヘルプには、以下の内容が記載されていますが、公的個人認証サービスやJPKI利用者ソフトの情報は問題無く表示されており、ICカードリーダライタもちゃんと認識されています。

公的個人認証サービスに基づく電子証明書が格納されたICカード(住基カード)を認識できない場合に表示されます。
1 このエラーの原因は、次のものが考えられます。
(1) ICカードリーダライタが接続されていない。
(2) ICカードが正しく挿入されていない。
(3) 公的個人認証サービス利用者クライアントソフトがインストールされていない。
(4) 公的個人認証サービス利用者クライアントソフトにおいて、使用するICカードリーダライタの設定を行っていない。
(5) ソフトウェアが正しく認識されていない。
2 このエラーの対応は、以下をお試しください。
(1) 「スタート」→「プログラム」→「公的個人認証サービス」→「JPKI利用者ソフト」をクリックすると、「JPKI利用者ソフト」画面が表示されますので、「証明書をみる」の「自分の証明書」をクリックして、電子証明書の内容が表示できるかを確認してください。

併発されたエラーコード「HJS0426E」

続いて、、以下のエラー。

電子証明書の読み込みができませんでした。電子証明書又はカードリーダライタの設定等をご確認の上、再度処理してください。

もう八方ふさがりな感じで、いろいろとネットで探してみると「IEを管理者権限で実行する」これが解決策でした。

ie

私の環境は、Windows 7、Windows 8、 Windows 10と3つの環境があるのでそれぞれ試してみると、最終的にはWindows 8のIEで問題なく利用できました。たぶん、OSのバージョン(構成や状態?)とICカードリーダライタの相性のような気がします…。

スマホ対応してるようなので、いっそのことスマホで行ったほうが確実?

罠の多いe-Taxでしたが、どうにかこうにか提出することができました。

まとめ

  • Windowsで行うのがよさそう…
  • 利用に関するファイルは一括で行えるインストーラーが便利
  • Javaは最新
  • IEは管理者権限で実行
  • ICカードリーダライタも疑う余地あり
オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。