RICOH TEHTA Sを買ったら、あわせて買っておきたいアイテム5選

全天球写真が撮れるリコーのカメラ「THETA S」が流行っています。私も実際に買ってみて使っているのですが、撮影を便利にする小物やテクニックが、いろいろなブログで取り上げられています。アイデア次第で、自分仕様の使い方になります。

今回は、THETA Sを買ったら、あわせて買っておきたいアイテムを5つご紹介します。

IMG_3471

THETA用 純正ソフトケース TS-1

IMG_3470

THETAには付属でケースが付いていますが、別売りで純正ケースを購入しました。値段もそんなに高くないです。最初のうちは硬かったですが、使っているうちになじんできます。

三脚ネジ HAKUBA ハンドストラップ 一般用 KA-60

IMG_3472

THETAの純正ストラップは、なんと、それをつけたままでは同時にUSBが利用できないというトンデモ仕様です。よって却下で別なものを採用します。オススメはハクバの三脚ネジ用ストラップです。かなりコンパクトで、つけたままでもUSB使用可能です。

ちなみに、ストラップ部分はジャマなのでハサミで切り落としました。

サンワサプライ フィンガーストラップ(ブラック) DG-ST37BK

IMG_3473

切り落としたストラップの代わりに、カラビナ式の携帯ストラップをつけます。プラスチック製ですので、めちゃ軽いです。

JOBY ミニ三脚 マイクロハイブリッド トリポッド

 

IMG_3463

次に紹介する自撮り棒(一脚)と組み合わせて力を発揮する、超ミニ三脚です。普通にコンデジやミラーレス一眼などにも利用できるため、耐荷重の高いものを選ぶのも手です。JOBYといえば、ぐねぐね足が曲がるゴリラポッドが有名です。

IMG_3466

シンプルなデザインです。

IMG_3467

足を開くとこんな具合に開きます。接続部分は、一眼レフも耐えられる耐荷重のため、自重で下がるなんてこともなさそうです。THETA Sを乗せると、超安定します。

THETA棒(自撮り棒)「自分撮り II」

IMG_3458

よしみカメラからリリースされている、自撮り棒です。忍法【自在撮り】秘伝之如意棒。パッケージには「THETA棒」書かれていますので、THETAの利用前提で設計されたレベルの製品です。

IMG_3461

自撮り棒は安価な物がたくさん出ていますが、ほしかったのは、まさにコレなんです!

  • 軽い。ほかの自撮り棒と比べても、かなり軽め
  • でも伸びるのはそこそこ
  • 裏側に三脚ネジ用の穴がある(三脚に乗せられる)
IMG_3462

三脚ネジ用の穴。一般的な自撮り棒は、スマホを対象としているため、三脚ネジの接続が必須です。いくつか製品はありますが、やはりサイズが大きかったり、下部に穴がないなどちょっと及ばずなものが多かったのですが、コレはズバリの理想型です。

JOBYの三脚+THETA棒+THETA Sの組み合わせ

IMG_3474

これだけで、撮影のアイデアや幅が広がりそうです。THETAを使っている方のご参考になれば。

 

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。