[解析ツール]簡易ウェブレイアウトチェッカー。CSSレイアウトかテーブルレイアウトかを視覚的に確認。

自社オリジナルコンテンツ、リリースしました!「簡易ウェブレイアウトチェッカー」です。プログラム担当のhayasaka君が頑張ってくれました。 どんなものかと言いますと、ホームページがCSSレイアウトかテーブルレイアウトか、視覚的に見極めるものです。PHPとブックマークレットで構成されています。

使い方

  1. 簡易ウェブレイアウトチェッカーにアクセス
  2. ホームページアドレスを入力
  3. ページの下にある解析ボタンをクリック

ボタンの使い方

  • TABLEレイアウトチェック…テーブルがあれば枠線が表示されます。レイアウトにテーブルを使用していれば、線が出まくるはずです。
  • CSSレイアウトチェック…レイアウトの為のボックスをdivで作成している場合、枠線が出ます。CSSレイアウトはdivをメインに使うはずですので、ここで枠線が出ればOKと言うことになります。
  • CSSオン/オフ…CSSオフの状態で、素っ気ないテキストの状態になれば、HTML側で余計な装飾を施していないことになります。表示があまり変わらなければ、CSSをあまり使っていないということにあります。
  • マークアップを確認…要素に「h1」、色に「red」と入れると、h1で囲まれた部分に枠線が付きます。枠線が出ない場合はh1を使用していないということになります。これは全てのタグ、例えば「p」や「li」などに線を付けてみることが出来ます。

ご自身のサイトがどうなっているのか、是非一度解析してみてくださいませ。

簡易ウェブレイアウトチェッカー

※フレームのサイトには対応しておりません。フレームセットを出してしまうためです。フレームのページを解析するには、フレームセットで呼び出す中のファイルをご指定下さい。※Safariには対応しておりません。ブックマークレットのターゲット指定が効かない為です。

■表示結果について
簡易ウェブレイアウトチェッカーはレイアウトの手法を視覚的に確認できるものであり、マークアップの方法、レイアウト手法により表示結果は各サイト毎に異なります。最適な手法を指南・提供するものではありませんので、あくまで参考情報として捉えてください。 

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。