Keynoteに関するコピー&ペーストを色々試してみた

最近Keynoteで配付資料やプレゼン資料を作成する機会が多いのですが、コピー&ペーストのクセや挙動などを事前に理解しておくと、非常に作業効率が良いのです。マテリアルとして使用するアイコンやスクリーンショット時に便利です。

アイコンなど

アプリケーションアイコンを使用したい場合、該当するアプリケーションアイコンを選択し「ファイル→情報を見る(command + I)」で情報を表示します。

左上のアプリケーションアイコンを選択し、「編集→コピー」でクリップボードにコピーします。

そのままKeynoteにペーストすると、透過部分も一緒にペーストされます。内部的にはTIFF形式で保持されるようです。ちなみにFirefox3.5のアイコンの場合はサイズが512px x 512pxです。

ブラウザのスクリーンショットなど、大きめの画像

スライドのサイズを超える画像の場合、サイズを自動調整されたりされなかったりの設定が可能です。

環境設定の一般タブ、「配置したイメージをスライドのサイズまで縮小」のチェックを外すと、スライドサイズを超える画像も原寸のまま貼り付けが可能です。

IllustratorからKeynoteへ

IllustratorからKeynoteにテキストをコピー&ペーストした際、テキストでは無く図形に近い状態で扱われるようです。Keynote上でテキストの再編集はできません。
50%半透明の 矩形をコピー&ペーストしてみたら、半透明のまま適用されました。

KeynoteからIllustratorへ

さっきとは逆パターンで、KeynoteからIllustratorへコピー&ペーストの実験。
テキストはIllustrator上で再編集が可能です。内部的にはpdf形式で保持されているようです。
Keynote上で適用したエフェクト(反射や不透明度)などはそのままIllustrator上で再現されます。

ただし、反射のエフェクトはビットマップに変換されます。

Keynoteに配置している画像などを個別ファイルとして取り出す

環境設定の一般タブ、「新しい書類をパッケージとして保持」にチェックを入れておきます。これはチェック後の新規作成ファイルから有効になります。

Finder上のアイコンでコンテキストメニューを出すと「パッケージの内容を表示」の項目が追加されています。

これで個別ファイルとして取り出しが可能です。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。