Magic Trackpadがコントロールパネルに出てこない

Appleからいつのまにかリリースされていた『Magic Trackpad』。裏アイテムのようなこのデバイス、早速購入してみました。
とりあえず最初の設定でいくつかつまづいたので、対策と共にレビュー。

開封の儀

とりあえず、開封。最近のAppleのパッケージは統一されていますね。キーボードと同じような印象。

乾電池は2本入りです。いつもの銀のやつ。そう言えばAppleから乾電池の充電器・充電池も発表されましたね。

テンキー付きのワイヤードキーボードと並べてみました。角度、デザイン共に違和感はありません。ズバリはまります。

しかしながら、キーボードの端に手をかけられなくなるのでちょっと違和感。少し離すくらいが良さそうです。

裏面の丸いゴム部分がボタンになってるんですね。クリックで“バコッ”押下されます。

接続時に、迷った

Apple製品は開封して即接続!
的な流れがあるので、とりあえず開ければ何とかなるだろうと思っていたら…接続方法が分からず。
結局Bluetooth機器なので、システム環境設定のBluetoothから登録します。

とりあえず使えるようになりました。が、

この時点ではマウスポインターを動かす程度

パッケージ裏に書いてあるような、二本指で右クリックやピンチが全然効きません。色々調べると、システム環境設定に『トラックパッド』が無い事が分かりました。

システム環境設定に『トラックパッド』項目を追加

iMac・Mac OS は10.6.4だったのですが、どうもMagic Trackpad および Multi-Touchアップデート 1.0が必要みたいです。

と言う事で、Appleよりダウンロード・インストール。
Magic Trackpad および Multi-Touch アップデート 1.0

これでシステム環境設定に『トラックパッド』が追加されました。

これでやっと基本的なジェスチャーの設定が可能になりました。

さらに細かいジェスチャーの設定

BetterTouchTool(BTT)のαバージョンをインストールすると、もっと細かいジェスチャーを割り当てられるようです。

総合的なインプレッション

  • デスクトップPCにおいては、やはりマウスの機動性は必至なわけで…。
    入力デバイスが増えたおかげで、どっちを触るか迷います。いままで直感的だった動作が、一瞬頭で考えてから操作するようになってしまいました。このあたりは慣れなんでしょうかね。
  • 持ち替え的な挙動が必要で、右手が忙しくなります。
  • テンキー付きのワイヤードキーボード・Magic Trackpad・マウスを横に並べたりして使うと、幅をとりすぎる印象。

あと個人的には、キーボードにピッタリくっつけると、邪魔です。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。