Google Tasks(ToDo リスト)をMacとiPhoneで連携させる

Googleカレンダーに組み込まれた『ToDoリスト』は地味に便利なToDo管理。これをMacとiPhoneでさくっと利用。

Macで使う

使用するアプリケーション

『Fluid』というアプリケーションを使用します。

FluidはGoogleなどのWebアプリケーションを、デスクトップで利用できるようにするアプリケーションです。

ダウンロード

Fluid – Free Site Specific Browser for Mac OS X Leopard

使い方

Fluidを起動し、URLに

https://mail.google.com/tasks/iphone
※iPhoneライクな見た目

もしくは

https://mail.google.com/tasks/ig
※iGoogleな見た目。ショートカットが利用可能

Nameに

Google Tasks

と打ちます。(Nameは任意の文字)

そうすると、.app形式のアプリケーションが生成されます。

これを起動し、『Google Tasks』メニューから『Convert to MenuExtra SSB…』を選択します。

SSBは、Single-site browsers(単一サイトブラウザ)のこと。
これにより、メニューバーに格納されます。

アプリケーションアイコンはFaviconが適用されます。

これでメニューバーからToDoリストが呼び出し可能です。

ちなみに、Googleカレンダーも同様にデスクトップアプリケーション化が可能です。Safariのウィンドウを利用するため、SafariでGoogleにログインしている必要があります。

iPhoneで利用

その1、Safariを利用する

iPhoneのSafariで

http://mail.google.com/tasks/iphone

にアクセスすると、Googleタスクをダイレクトに開くことができます。

そのまま『ブックマークに追加』をすると、

ホーム画面にショートカットが作成されます。アイコンをタップでいつでもToDoリストが確認できます。

その2、アプリ

GoogleのToDoを扱えるアプリはあんまり見たことが無いのですが『GeeTasksLite』は無料で使えます。

GeeTasksLite – The Google Tasks App.

ちなみに、有料版は350円です。

GeeTasks, the Google Tasks app

とりあえずは無料版で十分事足りるかと思います。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。