破損したKeynoteファイルから素材を取り出す

Keynoteで、

“keynote.key”を開けませんでした。正しい Keynote の書類ではありません。

というエラーメッセージが出た場合はKeynoteで正常に開けなくなります。
そんな状態から素材だけでも取り出す方法。

※2014年9月11日追記

このようなメッセージ。

ダブルクリックでも開かず、Keynote側から[ファイル]→[開く…]でもダメで、iPadに転送して開こうとしてもダメ。

そもそも、設定を行っていれば

Keynoteの環境設定で『新しい書類をパッケージとして保存』にチェックが入ったあとに作ったファイルならば、

ファイルをcontrol+クリックで『パッケージの内容を表示』すればOK。

ただし、これはチェック後の新規書類から適用されるため、パッケージ展開できない状態のファイルでは通用しません。

適用されていないファイルへの対応は…

Keynoteファイルの拡張子『.key』を『.zip』に変更します。

その後、普通に解凍すると、パッケージ展開の状態と同じく、素材ファイルを取り出すことができます。

スライドデータそのものは復元できませんが、画像やベクターでなど、素材を抜き取ることができます。

追記

zipにして開き、不要であやしいファイルを削除して、再度拡張子を.keyに戻すと、開けることもあるようです。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

2 件のコメント

  • プレゼン直前にkeynote書類が開けなくなり青ざめていましたがとても助かりました!zipにして開き、怪しいファイルを削除してkeyに戻し、再度開いたら開けました。記事のおかげです。本当にありがとうございました!

  • ご参考にしていただけて幸いです。
    さらによい情報、逆にありがとうございました!追記しました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。