DTP Boosterに参加しました。

仙台では初開催、DTP系のイベント『DTP Booster』に参加しました。

感想。

『InDesignから書き出すEPUBをコントロールする』

森裕司さん

電子書籍として汎用的なフォーマットはEPUB形式。電子書籍はリフロー型とアプリケーション型にわけられる。今回InDesignから書き出すモノとして、リフロー型を解説。

今現在、EPUBを作成する(Macの)アプリケーションとしては

  • InDesign
  • Sigil
  • Pages

あたりが主流だそうです。対応アプリが少なく、まだまだこれからですね。
InDesignで書き出したEPUBファイルのXHTMLとCSSのソースコードはかなりきたないので、品質を確保するには書き出したEPUBファイルを編集する必要があります。

ちなみに、PagesでEPUB書き出ししたソースコードもきたなかったです。


XHTML。改行はいいとして、いちいちclassとかIDが付きます。


CSSはムダにプロパティ指定とか。

そもそも、epubって?

リフロー型の電子書籍のフォーマット。テキストが主体です。

EPUBの拡張子は『.epub』。これを『.zip』に打ち換えることによって、個別ファイルとして展開が可能です。

中身は、

  • XTHML
  • CSS
  • 画像
  • 変なファイル

基本ファイルはXHTMLとCSSで構成されているということもあり、じゃぁDreamweaverで作ればいいじゃん的に考えがちですが、XHTMLとCSSを取り巻く『変なファイル』たちが重要とのこと。

拡張子が.ncx など、馴染みのない感じですが、EPUBの総合的なファイルセットとしては必要不可欠。
このようなシステマチックなファイルはDreamweaverで作成が超面倒なので、ソフト側にまかせるのが良いかと。


Pagesから書き出したEPUBファイルセット

作業を効率化し、直しに強いデータを作るIllustratorのデータ制作の新しい流れ

鷹野雅弘さん

ライブ』で直しに強いデータとする!

多くの作業としてIllustrator8など、古いバージョンの流儀に合わせて作ると、このご時世ムダがたっぷり。
一瞬でできる作業が、過去のやり方でこなすと数十分かかるというのはやっぱりロスなんですよね。

テキストへの袋文字装飾・グラデーションなど

アピアランスパネルを使うと、線と塗りの重なり順を変更したり、さらに線を追加したりできます。
いままでテキストオブジェクトをコピーして何重にもしていたものが、1つだけで実現可能です。

ライブ三兄弟をちゃんと使って効率の良いデータを作る

  1. ライブトレース
    手書きの線画をベクトル化。過去の『Streamline』的な機能。
  2. ライブカラー
    簡単にカラーバリエーションを作れる。(それでも最後に微調整は必要そう)
  3. ライブペイント
    パスファインダーのカラー版。超使える。

今どきの使い方を把握しないとダメですね。

関連参考サイト

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。