Photoshop CS5でTWAINプラグインを使用する

Photoshop CS4からTWAINによるスキャナー読み込みに標準対応しなくなりました。が、プラグインを後入れで対応させることが可能です。

ダウンロード

Adobeから個別プラグインをダウンロード。

Mac版のダウンロードパッケージには以下が含まれます。

  • プラグイン (オプション) お読みください.pdf
  • ピクチャーパッケージ(コンタクトシート II)
  • 抽出 (Windows のみ)
  • パターンメーカー
  • PhotomergeUI
  • Web フォトギャラリー(Web コンタクトシート II)とプリセット
  • レイヤーカンプから Web フォトギャラリー スクリプト
  • テクスチャライザフィルタ用のテクスチャ
  • TWAIN

追加のファイル形式

  • Alias
  • ElectricImage (OptionalMultiplugin)
  • SGIRGB
  • SoftImage

オプションの機能拡張 (Mac のみ)

  • 「情報を見る」コマンドを使用しない
  • 仮想記憶ディスク圧縮を使用しない
  • VM 圧縮を強制
  • 仮想メモリバッファーを使用する
  • 仮想メモリバッファーを使用しない
  • スローファイルを保存
  • 無制限のクリップボードサイズ
  • 無制限のプレビューサイズ

TWAINの格納ディレクトリー

//Adobe Photoshop CS5/Plug-ins/Import-Export
に格納します。

動作させるには

私の環境(Mac OS X 10.6 + EPSON PM-T960)では、そのままでは動作しませんでした。

Photoshop CS5のアプリケーションアイコンを選択して、[ファイル]メニューから[情報を見る](command + I)を選びます。

その後、『32ビットモードで開く』にチェックを入れればOK。

これでPhotoshop CS5の読み込みメニューにスキャナーが現れます。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

2 件のコメント

  • プラグインをコピーまではAdobeページで理解したのですが
    スキャナが現れず、『32ビットモードで開く』にチェックで
    無事に解決いたしました!
    ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。