LUMIX GF3レビュー(GF1との比較も)

Panasonicのデジタル一眼カメラ『LUMIX GF3』を購入したので、ひととおりレビューします。GF1からの買い換えです。

そもそもGF1の画質や性能に不満は無かったのですが、あの重量とサイズはやっぱり携帯性が悪く…。

最終的な目的としては、GF1のレンズをGF3で使う、でした。

フォルムはGF2の流れを汲んでいる感じ。GF2はGF1のフォルムを汲んでいるので、改良改良がうかがえます。
GF3とGF1ではけっこう別物に見えます。

サイズ比較(GF3とGF1)

数値上ではもちろん小さいことがわかりますが、並べてみると一目瞭然。上部がレンズに沿って曲面になっていて、はみ出しによる“小ささ感”も感じられます。

重量もかなりカットされていて、気軽にカバンにポイができます。本当にコンパクトデジカメ並みです。

寝せたところ。GF3のレンズに、46mm 保護フィルターをかぶせていたため、すこし張り出していますが、保護キャップをかぶせて大体これくらいの奥行きです。

横から。ストラップのリングが小さくなっています。ストラップの種類によっては通らないかもしれません。しかし、純正のレザーストラップがおしゃれでイイカンジなので、それで十分事足りそう。

レンズを外して正面から。上に張り出したマウントが、GF3の小ささをアピール。
右手のグリップは曲面になっています。(これはGF2風)GF1のグリップがダメダメなので、良い感触を受けましたが、欲を言えばもっと張り出てほしかった。

GF3になっても、まだ指の力で持つ感はあります。コンパクトがゆえ、全体ホールドはなかなか難しいかも。

背面・液晶。タッチパネル式になったおかげで、コントロールボタンがだいぶ減りました。

ダイヤル/タッチの使い勝手は悪くないかも。ダイヤル部分は回して使うほか、十字キーとしても利用できます。

レンズ比較

左がGF3純正の14mm、右がGF1純正の20mm。
画角が違うのは当然として、何よりも14mmはものすごく軽いです。

サイズも全然違いますね。GF3の14mmは、F値が2.5です。そこそこ明るいので良いのですが、GF1の20mm(F1.7)と比べるとやはり違いを感じます。

20mmの方が強烈に周りがボケます。
(使い方を間違えるとねむねむなな写真に…)

焦点距離比較

GF1・GF3のボディ+純正レンズでそれぞれ比較です。
被写体とカメラの距離は、どちらも同じです。

GF1の場合

たしか15cm〜20cmくらいで、このような画角。

GF3の場合

同じ距離・同じ位置での写り方です。14mmだけあってさすがに広いです。

両方

同じようなサイズの被写体をそれぞれ同じ距離で写した場合。

タッチ・コントロール

GF3では多くの操作をタッチで完結できます。シャッターもタッチで。

画面内右のアイコンをタッチで、タッチによるシャッターを有効化。
料理とかを『片手撮り』する場合に超絶便利です。

ちなみに、シャッター音はGF1よりややライトです。

周りのぼかし具合もタッチで。
SONYのNEXとかにもある、いわゆる『背景ぼかし機能』です。被写体と背景に距離がある場合、全部をくっきり写す被写体を際立たせて周りをぼかすを、液晶を見ながら設定できます。

14mmレンズで、ピントが合う距離

料理などを写すときにはかなり寄るケースが多いです。

14mmレンズでは、タバコ1箱分くらいでピントが合います。これ以上寄ると、オートフォーカスが効きにくいです。

撮影例

GF3のiA(インテリジェントオート)モードで撮影したモノ。

※補正・サイズ調整は行っていないので重いです。

料理

  • 露出モード: 露出自動
  • 露出プログラム: ノーマルプログラム
  • 露出時間: 1 / 15
  • F ナンバー: 2.5
  • レンズ焦点距離: 14
  • 35 mm 換算レンズ焦点距離: 29
  • ISO スピードレート: 800
  • 実効画像幅: 4000
  • 実効画像高さ: 2672
  • 撮影シーンタイプ: 標準
  • ホワイトバランス: ホワイトバランス自動

グラス

  • 露出モード: 露出自動
  • 露出プログラム: ノーマルプログラム
  • 露出時間: 1 / 20
  • F ナンバー: 2.5
  • レンズ焦点距離: 14
  • 35 mm 換算レンズ焦点距離: 29
  • ISO スピードレート: 800
  • 実効画像幅: 4000
  • 実効画像高さ: 2672
  • 撮影シーンタイプ: 標準
  • ホワイトバランス: ホワイトバランス自動

個人的な使い方

GF1の20mmパンケーキレンズが非常に優秀なので、GF3のボディに装着して利用しています。

14mmだとあんまり寄れないので。

GF1からGF3に買い換えの場合、参考にしていただければ幸いです。

製品情報

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。