コマンドもターミナルも分からないけどMacでGitを使う

Git(ギット)はプログラムなどのソースコード管理を行う分散型バージョン管理システム。

うちのプログラマー先導のもと、社内にGit環境を構築しました。
本当によく分かっていないので、前提条件として

  • ディレクトリやファイル名の管理は今まで通り。ムリに英語とか英数を使わない。
  • 基本的にはGUI環境。
  • コミットするルーチンが面倒にならないよう、+αの作業で行えるように。

用意するもの

まず社内でデータを共有すると言うことで、外部ストレージが必要です。NASを導入。

LinkStationの4.0TBにしました。2テラ×2なので、ミラーリングも掛けて安心です。

次に、アプリケーションです。Gitのアプリはイロイロあるのですが、さんざん試して行き着いたのが『Tower』です。

Tower – The most powerful Git client for Mac

5500円くらいしますが、十分な価値です。

下準備

ひとまず、NASを設置。リポジトリ用にディスク領域を割り当てます。
 『repository』というディスクをMacにマウントさせるようにします。下準備はこれくらい。

Towerを使って、リポジトリの作成と設定

今回の作業、コンセプトとしては、コマンドやターミナルは一切使いません。全部GUIで進めていきます。

NAS上にリポジトリを作成

リポジトリとは、データの貯蔵庫みたいなものです。NAS上のリポジトリをみんなで共有します。

まずはTowerのDashboardで、『Create Local Repository』をクリック。

どこに作りますか?と出るので、NAS上のディレクトリをしています。
この場合、/Volumes/repository/test/wwwとなっています。

Macにボリュームとしてrepositoryをマウントしています。NAS上の、ローカルリポジトリということですね。

ココで重要なのがオプションの[Bare repository]にチェックを入れます。共有スペースにするために必須なんだそうです。

wwwディレクトリ以下に、branchesやconfigなど、謎のファイルたちが出現。これがリポジトリのファイルセットらしいです。

ひとまず、ココはもういじらなくてもよい領域。

ということで、TowerのDashboardで、先ほど作ったリポジトリを一覧から消しちゃいます。もう使わないので。

Tower上に要らない、というだけでリポジトリのファイルセットは必要です。[Keep Files]を選びます。

次はMac側にリポジトリを作成

またまたTowerのDashboardで、『Create Local Repository』をクリック。

今度はローカルのパスを指定します。
/Volumes/Magical/test/www
を、管理したい場合。

先ほどの[Bare repository]にチェックは入れません。

これでローカルのリポジトリ化が完了です。この状態で、自分用ならばもうバージョン管理ができます。ひたすらコミットすればいいので。

NASと連結

複数人で同じデータを共有したいので、NASにデータが送られるように設定します。

[Refs]→[Add New Remote Repository]を選択。

タイトルとURLを入れます。
タイトルやディレクトリは日本語でもOK。

実際に使ってみる

コレで事前の準備はあらかた完了です。複数人で使う場合、それぞれのマシンで同じ作業をすればOKです。
もしくは、NAS上のデータをクローンする、ということも可能です。これもGUIにて。

ファイルの変更

リポジトリ管理下のファイルに変更があると、Towerの画面にリスト表示されます。下部には変更箇所の中身まで表示されます。すげー。

コミットするには、対象ファイルにチェックを入れて[Working Copy]→[Commit…]を選択。

コミットするには必ずコメントを入力しなければいけません。面倒ですが仕方ない。ちなみに日本語もOKです。

ここまでは、自分だけで使う場合にも有効です。

NASに送る

[Working Copy]→[Push To…]を選択。
2回目からはアイコンのPushとかを使っても良いのですが、初回だけ『どこに送る』設定が必要なのでココから。

Push Branchが『.』になっていますので、リモート設定したときのものに変更します。Push2回目からはこの段取りは不要です。

ファイルがNASへPushされます。

しっかり履歴にも表示。

画像を追加したり、ファイルを変更すると自動検知されます。
一気に選択して、一気にコミット!

アイコンからも可能。メッセージ入力欄が右側にあるので、この画面だけで完結します。

2回目のPushはアイコンからが便利です。

ぞくぞくアップ。

コマンドのメモ

Towerを使っていてファイルの変更がなぜか検知されず、そのまま進めないことがあります。その場合はしょうがないのでターミナルで。

git commit -m 'コミット時のコメント' ./

まとめ・雑感

  • 基本や仕組みをもうすこし理解したい
  • 複数人で1つのファイルを管理するにはGitが優秀
  • ただし詳しい人がいないと難しい
  • 差分データとかが増えるので、画像系を管理すると、HDDの容量をかなり食いつぶす

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。