USB充電ができるソニーサイバーショット『DSC-WX100』レビュー

ソニーのコンデジ『DSC-WX100』を購入したので、簡単なレビュー。
今回のポイントは、軽量、薄い、USB充電可能です。

久しぶりのコンデジ

普段はパナソニックのGF3を愛用しているのですが、コレ、コンパクトになったとはいえ、けっこうかさばります。

カバンに放り込んだり、ポケットに突っ込んだりはちょっとニガテ。

ということで、サブ機としてチョイスしたのが『DSC-WX100』です。

外観・サイズ

カラーは5色から選べます。シルバーの質感が、とてもイイカンジのメタリックで悩みましたが…

無難な白をチョイス。

92.3 x 52.4 x 21.6mm(最薄部17.5mm)と、ジーンズの尻ポケットにもスポッと入るサイズです。かさばり具合は、タバコ以下。

超大事、USB充電

今までの充電器だと、コンセント式でした。こちらのモデルは先端がコンセントなものに対して、USBケーブルを挿すタイプです。

と言うことは…パソコンでも充電が可能!!!

旅先や、出先で充電器を持たなくともUSBケーブル一本あれば、充電可能ということになります。すごい重宝します。

撮影の性能

本機種のウリはスピーディーな10倍ズームと暗部での撮影能力。
特に暗い場所での撮影にはものすごい威力を発揮します。

ほぼこのページの通り。
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-WX100/feature_2.html

手ぶれもカットされ、明るく映って、最近のコンデジの進化には目を見張るものがありますね。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。