中華Pad『Ainol NOVO7 Elf』のファームウェアを書き換えて、GALAXY Tab仕様にする

中華Padを購入したわけですが、公式マーケットに未対応、邪魔な中華ゲームアプリが満載、ということでファームウェア書き換え対応で国内仕様に!

ひたすら調べる

まず、Androidの仕組みや仕様がまったくわかっていないド素人なので、端末名や改造系のキーワードを組み合わせて、ひたすら調べました。
すると『ファームウェアの書き換え』で公式マーケットが使えるようになったり、不要な中華アプリを消したりと、かなり使い勝手が良くなることがわかりました。

ファームウェアの書き換え

『Ainol NOVO7 Elf』以外に、AuroraやPaladinなどモデルが何種類か存在しますが、ネットに情報があって、もっともやりやすいのはAuroraでしょう。Aorora買えばよかった。

やり方が何種類かあったのですが、とりあえず一番わかりやすい(と思われる手法を)

一般的にはLiveSuitPackを利用して、リカバリーモードにするみたいですが、どうもうまくいかず…この方法は断念。

カンタンだった、Allwinner Essential Script

イロイロ調べてみると、以下のサイトで配布しているスクリプトがかなり良い感じです。

Allwinner Essential Script | Behind the HB

Googleアプリ導入&フルマーケット化のスクリプトです。

build.propは機種依存な記述が多くあるので、シェルスクリプトを利用して該当する箇所だけを書き換えるよう変更してあります。「bin/buildprop-mod.sh」に変数形式で分かりやすく表記してあるので、変更も簡単です。標準では日本ロケール化と韓国版Galaxy S IIに偽装する記述が入っています。

使い方

ダウンロードしたAllwinner Essential Scriptの圧縮ファイルを解凍して、中身をAndroid本体か、MicroSDにコピーします。

※これ、デスクトップ上で実行し続けてしまい、全然変わらないということでハマリました…。

とりあえず、Android本体から実行しないといけません。

このへん、各種リソースにも丁寧には書かれていなく、さすがAndroid。 

 まずは、『!Allwinner_Essential.bat』を実行。

すると、コマンドプロンプトが立ちがるので上から順に実行していけばOKです。

最後にAndroid端末を再起動して、国内でまともに使える仕様になります。

安価でAndroid 4.0を使ってみたい場合にいかがでしょうか。ちょっと遊んでみる、まずは体験してみたいくらいだったら十分な端末です。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

12 件のコメント

  • 初めまして。
    私もNOVO7 Elfを近日購入をし、こちらのサイトでファームの書き換えを試みてみました。
    PCでは画面の通り出ますが、Elfのダウンロードから!Allwinner_Essential.batを選択し抽出を押しても上手く行きません。本体からの実行はどうすれば出来ますか?andoroid初心者なので分かり易く教えて頂ければ助かります。よろしくお願いします。

  • 山口さん、

    はじめまして。私も苦労しまして、いろいろ試行錯誤で動いたのですが…
    本体とPCをUSBでつなげて、単純にファイルをコピーした記憶があります。

    本体を認識させるには、何かしらのドライバが必要だったかと。

    1. PCに認識できるようにする
    2. batファイルを本体にコピー
    3. 実行

    単純に、こんな作業だと思います。がんばってください。

  • kota様
    早速のご連絡ありがとうございます。
    1のPCに認識は出来ました。
    2のbatファイルを本体にコピーですがプリンタとその他のハードウェアにElfがあったので、そこからどうするのか….(泣)
    昼間は仕事で出来ないので夜トライしてみます。。
    もし手順等、うる覚えでもいいので分かれば教えて下さい。
    よろしくお願いします。

  • kota様
    こんにちは。
    先程、コメントを送付させて頂きましたが2はサイト内に「ダウンロードしたAllwinner Essential Scriptの圧縮ファイルを解凍して、中身をAndroid本体か、MicroSDにコピーします。」と書いてありましたので、MicroSDにコピーをする方法でやってみます。
    ありがとうございます。

  • 山口さん、

    そうですね、いちどMicroSDで試されると良いかと思います。
    がんばってください!

  • kota様
    こんばんは。
    出来ました!!!!!
    とってもうれしいです。
    最終的にはPC接続でしました。
    ElfのUSB接続をONにし、Win7でElfにアクセスしbatを実行しました。
    最初コマンドが出てきたのでエンターで次のコマンドが出てくると思い込んでいたのでtabキーを押して実行する場所を選ぶのが分かるまで時間が掛かってしまいました。
    昨日までは出来なくて寝不足だったのが今日は出来た喜びでまた寝不足になりそうです。
    本当にありがとうございます。

  • 山口さん、

    おはようございます。kotaです。
    お、できましたか、よかったですね!

    私の場合、Mac→VMのWin7でやったので、さらに苦労した記憶があります…。

    終わってしまえば、けっこう単純な作業なんですよね。
    こういったものは、改造する楽しみがありますよね〜。

  • はじめまして、私もうまくいかなくて困っています。

    機種はNOVO7 Tornados です。

    Android本体から実行しないといけません。 とのことだったので、タブレット本体の一番上 NOVO7/Allwinner_v0.95とフォルダを作って、その中の!Allwinner_Essential を、PC上からダブルクリックで起動→DOS画面で実行してみました。最初の1~6までの選択肢までは動くのですがそれ以降を選択すると、error:device not found と出てしまい、うまくいっていないようです。何が原因なのでしょうか? PC上ではリムーバブルディスクとして認識しているので別な特別なものが必要なのでしょうか……うまくいったと書いてあるHPさんもあるので、ちょっとわからない状態です。

    よろしくお願いします。

  • すいません、自己解決できました(汗)

    色々と頭をひねってみたところ、デバイスマネージャにて、Androidというデバイスが黄色の!(不明デバイス)になっていまして、それをタブレット本体からドライバインストールしたところ無事進みました(汗)

    ただ、まだgoogle Playには繋がらないので、まだ試行錯誤していますorz

  • 再度書き込み失礼します。現在無事Playにつながるようになりました。
    原因はどうやらネットワークにあるようです。

    家の無線LAN環境が二つあるのですが、片方はアクセスできず、もう一つの無線LANをAOSSでつないだところなぜかすんなり動きました。

    根本的な原因解決ではありませんが、参考までに……

  • Nolisさん、

    情報ありがとうございます!
    なんと、ネットワークが原因でしたか…。こういったマニアックな改造は、なかなか情報が無いので自力で解決するしかないんですよね…。

    これ、あとバッテリーがしっかり持てば万々歳なのですが、楽しいあそびとして割り切ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。