Transmitで「お気に入り」設定の同期は、DropboxではなくiCloudを使うべき

Macの定番FTPクライアント「Transmit」。非常にパワフルで人気のアプリケーションです。Transmitの「お気に入り」データのほかのマシンへの同期は、App Storeで購入したものであればiCloudによる同期が可能でした。このたびのリリース(バージョン4.3)では、Droboxによる同期が可能になりました!

設定方法

[Transmit]メニューから[環境設定…]を開きます。続いて、「一般」タブの下部、お気に入りの設定の同期部分で「Dropbox 経由で同期」を選択します。

次に、Dropboxと連携する設定を行います。「Authorize…」をクリックするとDropboxのWebサイトに移動します。Dropbox側でも、ログインします。

接続リクエストが出るので、「許可」をクリック。

すると、Transmitに戻るので任意のマスターパスワードを入力します。

これで一通りの設定が完了です。Dropboxのフォルダの中に、「アプリ/Transmit/Favorites.sqlite」が作成されます。あとは、別なマシンでの同期設定も行えばOKです。

ここまでマニュアル通りにやりましたが、どうもうまくいきません。

Dropbox同期、実際はまともに動かない?

Dropboxによる親和性の高い同期を期待していたのですが、私の環境ではどうもうまくいきません。

  • 設定は完了していて、Favorites.sqliteファイルは、都度更新されている
  • 一部のフォルダやお気に入りなど、断片的に同期される
  • 完全に同期はされない
  • 2台のTransmitを初期化(初期設定全消し、シリアル再入力など)でもダメ
  • お気に入りのエクスポート→インポートで2台とも同じ環境を作ったあとに、片方を変化させてももう片方に変化はナシ
  • たまに同じフォルダができる(二重になっているだけで意味なし)

何度か試してみましたが改善されません。ちょっと様子を見つつ、1台のマシンのみDropboxでお気に入りの管理をすることにしました。

念のため、お気に入りのエクスポートでバックアップを取っておくことをオススメします。

結論

Transmitのお気に入りデータは、Dropbox経由ではなく、Mac App Store版を購入して「iCloud同期」を使用すると一発オッケーです。こちらの方がオススメ。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。