SafariのリーディングリストをChromeやFirefoxなど、他のブラウザでも利用できる「My Reading List」

Safariの機能で「リーディングリスト」というものがあります。簡単に言うと、「あとで読む」で、一時的にそのページのURLをクリップしておき、後ほど同じ端末だったり、iCloudで同期しているSafariで見ることができます。

リーディングリスト機能はSafariでしか使えない

リーディングリストはSafari専用の機能です。使い方としては、たとえば通勤中にiPhoneでいろいろなWebページを見ていて、後でじっくり見たいものなどをリーディングリストに登録、その後別な端末(iPad、iMac、MacBook等)でしっかりと内容を見る、などに利用されます。

ss01

「あとで見る」サービスはPocket(Read it Later)なども便利なのですが、やっぱりブラウザでネイティブで動いてくれるものが使いやすい。しかし、Safariをメインで使っているとは限らない。私もメインがGoogle Chromeなので、iPhoneで通勤中に見たやつを、会社に来てiMacのChromeで見たいのです。

そんなときは、「My Reading List」を使うと便利です。Mac App Storeで85円です。

My Reading List

iPhoneやMacのSafariでストックしたリーディングリストを、Mac上の別なブラウザ(ChromeとかFirefox)で見るためのユーティリティです。メニューバーに常駐して呼び出します。

このアプリケーション、あくまでメニューバーから参照できるというだけで、ブラウザのアドオンや、直接機能を追加したりするものではありません。それゆえ

Safariをメインに使っている人にとってはまったく不要なアプリ

であるとも言えます。しかしながら、リンクはデフォルトのブラウザで開きますので、Safari以外を利用している場合においてはとっても便利なものです。

My Reading List - MillsySoft

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。