チャットワーク(ChatWork)をMacでデスクトップアプリケーションとして使用する

プロジェクトで活用できるツール「ChatWork」は、基本的にはWebブラウザで利用します。Macのアプリ「Fluid」を利用すると、単体のアプリケーションとして扱うことができます。

Fluid

Fluidは、WebサイトのURLから、そのWebサービスをアプリケーション化してくれるアプリケーションです。GmailやEvernoteなど、Webブラウザでアプリケーションのように動作するものを、そのままアプリケーションとして切り取ってくれます。Mac App Storeだと有料ですが、Webサイトからのダウンロードは無料版があります。

http://fluidapp.com/

使い方

ダウンロードしたFluidを起動し、ボックスに必要な事項を入力します。

URLにはチャットワークのURLを入力。

https://www.chatwork.com/

Nameにはアプリケーション名を入力。

ChatWork など

Locationは生成するアプリを保存する場所です。通常はApplicationsのままで良いでしょう。

Iconはひとまず「Use Website Favion」を選び、あとで変更します。

最後にCreateボタンを押せばすぐにアプリケーションが作成されます。

アイコンの変更

Webサイトから取得したFaviconはサイズも小さく、見た目的にも耐えられません。ということで、ChatWorkの公式ロゴを活用します。

http://www.chatwork.com/ja/download/cw_logo.html

生成したChatWorkのアプリを起動し、command + ,で環境設定を開きます。その後、Generalの中にあるApplication iconを変更すればOKです。

これできれいなアイコンになりました。

これで「ChatWorkのアプリケーション化」が完成です。普段使いのWebブラウザから切り離すことができます。また、起動項目に入れておけば、Macの起動と同時にChatWorkが立ち上がります。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。