iPhoneを復元する際、アプリなどもれなく完璧に今まで使っていた通りに復元させる

iPhoneやiPadは、不具合があって修理に出そうとすると、本体を丸ごと新品に交換してもらえます。この際、古いiPhoneのデータは消去されてしまいますので、個別にバックアップを取っておく必要があります。

そして、バックアップを取ったつもりでも、復元すると「あれ、アプリが足りない?」なんてことも。こんなことにならないように、完全に復元する場合のポイントです。

バックアップは2種類「iCloud」と「このコンピュータ」

iTunesでバックアップをとる際、2つの選択肢があります。「iCloud」と「このコンピュータ」です。iCloudは、iPhoneのすべてのデータではなく、もっとも重要なデータをバックアップします。ということで、完璧な復元には「このコンピュータ」を選択します。

Macにダウンロードしておいたアプリもそのまま入ります。

 アプリをコンピューターにダウンロードしておく

各種設定にもよるのですが、iPhoneでダウンロードしたアプリは、iPhoneの中だけ、もしくはiCloud経由でのダウンロード(再ダウンロード)での対応となります。

一度ダウンロードしたアプリでも、そのまま入れっぱなしではなくて、使わなくなったものはiPhoneから消したりしているかと思います。

復元する際、あれ? どのアプリを入れてたっけ? になりがちなので、iCloudから個別ダウンロードではなく、コンピュータからインストールすると良いです。

iTunesにiPhoneでダウンロードしたアプリを保存しておく方法

iTunesで「iTunes Store」を開いて、右サイドバーのナビリンクから、「購入済み」を選択します。

「App」に切り替え、右下の「すべてをダウンロード」すれば、コンピュータ内に、今までダウンロードした(購入した)アプリが取り込まれます。 

この画面からもう使わなくなったアプリや、2度とダウンロードしない、的なアプリがあれば、個別に消す(隠す)ことができます。

iPhoneで購入したアプリを履歴から消す(隠す)方法

完全に復元するには、Macの中に使っているアプリすべてをダウンロードしてある状態で、復元をかける!

完璧な復元をするには、使用しているアプリをすべて手元のコンピューターに入れておくと良いのです。これで、アイコンの配置を含め、すべてのアプリを欠けることなく復元させることができます。

ちなみに、アプリの種類にもよりますが、iCloudから後追いダウンロードした場合でも、内部のデータは保持されていたりします。

補足:iPhoneやiPadなど複数デバイスでそれぞれアプリを管理したい場合

iTunesでデバイスを選択後、「App」タブからアプリ出し入れの管理画面を出して、「新しいAppを自動的にインストール」のチェックを外しておきます。

これで異なるデバイス間で勝手な同期がなくなります。

混沌としたiPhoneの中身を整理し直すには、クリーンな状態からが望ましいですが、ひとまず「そのまんま復元したい」場合にはアプリのダウンロードをオススメします。

ただし、アプリも積もれば大容量で、最近のMacはSSDで容量が不足しがちです。このあたりも気をつけましょう。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。