仙台商工会議所主催のセミナー「プレゼンテーショントレーニングセミナー」に参加

仙台商工会議所が主催しているセミナーに立て続けに参加してきました。メモや備忘録程度のレビュー。

セミナーには2本参加してきまして、

  • プレゼンテーショントレーニングセミナー
    〜何を話すのかよりも、どのように話すのかが重要〜
  • 経営刷新セミナー
    〜『利用者多数!こんなサービスがあったのか!?』
    スマートフォン&タブレット活用術〜

この2つです。まず今回は「プレゼンテーショントレーニングセミナー」の雑感を。ターゲットは営業担当の中堅とのこと。

参加した理由としては、今後これらのセミナーを私自身がもっと積極的に行っていきたいので、俯かん的な感覚で。他人はどのように教えているのかな?という目線で。

a0008_001800_m

プレゼンテーショントレーニングセミナー

〜何を話すのかよりも、どのように話すのかが重要〜

2013年9月18日(水)10:00〜17:00

講師は株式会社日本マネジメント協会 マネジメントコンサルタントの秋葉善浩

朝から夕方までのみっちりセミナーです。内容は基本的に、座学で秋葉氏の話を聞くのが半分、午後からはグループに分かれてのディスカッションが中心でした。

始まりのあいさつは重要ですね。きちんと立って、イスを入れて、発声してから礼をする。マナーとしての超基本ですが、なかなかできていない人が多いのも現状。このあたりができていると、相手に与える印象がガラッと変わります。秋葉氏、突拍子に大きい声出してパフォーマンス的な指導でしたが…まず、やった方が良いことです。

これはマナーセミナーではないので、もうちょい誘導がウマイといいかも。

プレゼンテーションの組み立て方

序論、本論、結論でまとめる。マニュアル通りの良い内容でした。順序立てて、しっかり構成すると相手に伝わりやすいプレゼンになりますね。基本、プレゼンがウマイ人は、話の組み立て方がウマイです。相手にわかりやすいように伝わりやすいように配慮しますし、それと同時に聞く姿勢もしっかりしています。例え話がおおむね変でしたけど…。

SDS法

Summary, Details, Summaryの略。

最初に全体要約(Summary)を伝え、次に詳細な説明(Details)をした後、最後にまとめ(Summary)を述べる構成。SDS法はじっくりとストーリー仕立てで行うプレゼンに向いています。

PREP法

Point, Reason, Example, Pointの略。

まず結論(Point)を述べて、次に理由(Reason)を説明し、具体的な例(Example)を出したたあとにまとめ(Point)る。
日本人の悪いクセで、ダラダラ説明したあとに結論を出すことが多く、この手法は目的が明瞭で、補足的に説明するのでスッと内容を頭に入れてもらいやすい。

ホール・パート法

導入(WHOLE)、本論(PART)、要約・結論(WHOLE)の3パートに分かれる手法。複数の事柄を整理して説明するのに向いています。

導入でまずは全体を出して、本論で詳細な説明をし、要約・結論で締める。これは自己紹介をはじめ、いろいろな所に応用が利きますね。なるほど。

ここがダメだよ!

と、セミナーのときに秋葉氏に「ホール・パートって何ですか?」と聞いたら秋葉さんが「ホールさんの手法」と言っていました…
そしてセミナー資料を見直してみると、Webサイトからソースをまるごとそのまま引用していたり、セミナー時間のタイマーを全然正確に合わせていないなど、けっこうな難アリで…この辺ちゃんとしてほしいです!15000円(非会員25000円)のセミナーなので!

  • 言葉の起源の裏取り
  • 5分プレゼン用に組み立てたプレゼンを3分で流す
  • 資料をしっかり準備していない(前日作った、とか言わない方が良いし)

このあたり、ちゃんとしましょう。

 

そしてグループディスカッションでは、個々で好きなテーマを選びプレゼンを。最後に行う、「アドバイスシート」制度がイイカンジでした。

プレゼンは人からどう見られているかがとても重要なので、愛あるダメ出しや、自分でも気づかないクセなどを指摘してもらうのは良い機会です。

総評

資料のツメの甘さや、返答の際の裏取りが甘いので、このへんちゃんとしないといけませんね。しかしながら参考にできる部分が多く、参加して良かったかな、と思えるセミナーでした。

そして最後に終了のあいさつとかをする司会の人(商工会議所の人)、原稿棒読み!プレゼンセミナーなのに! とグループ内でちょっとずっこけたシメなのでした。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。