MacとiPhoneそれぞれで、カレンダーとリマインダーを1つにして管理できるアプリ2つ「BusyCal」「Calendars 5」

Macのデフォルトアプリ「カレンダー」と「リマインダー」がありますが、これは別々のアプリケーションとして独立しており、スケジュールとToDoリストをそれぞれ個別に管理する必要があります。

有料のアプリを使えば、カレンダーとリマインダーを1つのアプリで扱うことができます。しかも使いやすい。

Googleカレンダーであれば、タスクと一緒に管理できるのですが、MacやiPhone、iPadの純正カレンダーやリマインダーのアプリとの連携が今ひとつです。(それでもGoogleカレンダーとMac、iPhoneとの同期はかなり簡単になりました)。

  • Macなら「BusyCal」
  • iOSなら「Calendars 5」

が、とてもオススメです。

Macで使うなら、BusyCal

BusyCalは、Macの標準のカレンダーアプリにとてもよく似た作りです。ちなみに、OS X 10.8の頃のカレンダーアプリのデザインや使い勝手に似ています(個人的に、10.9のカレンダーはあまり使いやすいとは感じないので、なおさらBusyCalがいい)。

BusyCal

Mac App Store – BusyCal 2

値段は49ドルとちょっと高めですが、使い勝手も向上し、リマインダーも一緒に扱えるので、払う価値は十分にあります。

Macのカレンダーの見た目

ぼかしばかりで恐縮ですが、以下のような見た目。スッキリして見やすいのですが、機能的に今ひとつものたりない感が。

screen800x500-1 screen800x500-2 screen800x500-4 screen800x500

実際に使用している画面

Mac-カレンダー

Macリマインダーの見た目

カレンダーとは別に、独立したアプリケーションとして存在します。カレンダーとは連携しませんが、時間による時間による通知や、GPSでの場所通知など、便利な機能が満載です。iOSと連携はできるものの、アプリとしては独立しています。

Mac-リマインダー

BusyCalの見た目

Macの純正カレンダーにかなり近い見た目です。設定で1週間分の天気を出したり、当然Googleカレンダーとの連携も可能です。純正カレンダーを強力にした機能で、右サイドにリマインダーを表示することができます。そして、ここから項目や分類(フォルダ的な)を作成することができます。これはMac純正のリマインダーと同期・連携するので、どちらから入力しても反映されます。

さらに嬉しいのは、リマインダーに設定した日時が、(設定によって)カレンダーに反映されます。終了イベントも残したりできるので、管理の幅が広がりますね。

Mac-BusyCal

こんな感じでBusyCalが超オススメなのです。

Mac App Store – BusyCal 2

iOS(iPhone、iPad)でなら、Calendars 5

iPhone、iPadのiOSでは、カレンダーのアプリがさまざまリリースされています。純正のカレンダーに置き換えられるようなものはもちろんのこと、Googleカレンダーのデータを簡単に反映されられるやつも人気ですね。

そんな数あるアプリの中でも、iOSのカレンダー、Googleカレンダー、Mac OSおよびiOSのリマインダーをすべて1つのアプリで管理できるのが「Calendars 5」です。値段は700円

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPad、iPod touch 対応 Calendars 5 – タスクマネージャ搭載、Google カレンダーとも同期可能なスマート・カレンダーアプリ

1つ購入すれば、iPhoneにもiPadにもダウンロードが可能です。特にiPad版は見やすい使いやすい。

Calendars 5の見た目

毎度、ぼかしだらけで恐縮ですが、、見通しの良いカレンダーに加え、タスク管理機能を備えます。多くのiOSアプリが、独立したタスク管理アプリなのに対し、オールインワン、しかも容易な同期というすばらしいアプリです。

screen568x568-1 screen568x568-2 screen568x568-3 screen568x568-4 screen568x568

現時点では選択肢がほかにないので、かなり重宝しています。先日、日本語ローカライズされ、ますます使いやすくなりました。

iPhone-Calendars iPhone-Calendars-Task 

iOSのカレンダーがとても見通しが悪くなったので、こちらを愛用中です。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPad、iPod touch 対応 Calendars 5 – タスクマネージャ搭載、Google カレンダーとも同期可能なスマート・カレンダーアプリ

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。