iPhone 6s Plusの海外版を購入!たった1つだけの魅力とリスク。

10月にイタリアに行ってきまして、そこで現地のiPhone 6s Plusを購入しました。日本以外では、iPhone端末が基本SIMフリーであり、キャリアを自由に選んで使用することができます。しかし、日本のアップルストアでもSIMフリー端末の取り扱いがあります。

ではなぜ海外版をわざわざ買うのか、そのあたりをご紹介します。

日本版SIMフリーiPhoneと海外版SIMフリーiPhoneの違い

日本国内で、Appleで直販されているSIMフリーiPhoneと、海外版SIMフリーiPhoneの違いは、ずばり「シャッター音」が鳴るかならないかです。端末のスペックやOSなどはとうぜん世界各国共通です。SIMフリー端末が登場したのが、iPhone 5s以降で、高額ながら簡単にSIMフリー端末が手に入るようになりました。

国内で入手できるのに、わざわざこのシャッター音だけのために、海外版を手に入れるというわけです。

購入したiPhone 6s Plus

iPhone 6の国内盤を買ったときは、真っ白パッケージでしたが、今回購入したiPhone 6s Plusは青い金魚が書いてありました。日本版と同じ?

IMG_8721

付属品

付属品はイヤフォン、Lightningケーブル、電源アダプタ、Appleシールと国内盤と同じ構成です。が、(当然ですが)電源アダプタはヨーロッパのコンセント仕様となっています。USBタイプですので、現地ではiPhoneだけではなくモバイルルーターや、モバイルバッテリーの充電にも役立ちそうです。

IMG_8725

iPhone 6s Plusの背面

背面はこんな感じのプリントです。国内盤と比較したことがないので違いはわからないです…。

IMG_8727

初期セットアップ

セットアップは、いつも通り言語を選択するところからはじまります。日本語を指定し、案内に従って進めるとすぐに完了します。

IMG_8729
IMG_8732

もちろん、キーボードも日本語対応です。iPhoneは世界各国共通で使える端末・OSですね。

IMG_8733

SIMカードを差す

起動のためのセットアップが完了すると、SIMカードを要求されます。これは国内のSIMでも海外のSIMでもOKです。

IMG_8734

ということで、イタリアの通信キャリアである「TIM」で購入したSIMで使えるようにしました。
SIMはTermini(テルミニ)駅にあるショップで購入。プリペイド式で、1週間使えるやつです。

IMG_8735

技適マークの確認

端末内の情報を確認して、技適マークを見てみます。iPhone 6s Plusの裏側には書いていませんでしたので、内部の一覧情報を見てみます。

日本には電波の混信などを防ぎ、公平かつ能率的に利用できるようにする法令として1950年6月に施行された「電波法」があります。各メーカーはこの電波法に基づいて製品を開発し、総務省に基準を満たしている旨の申請を行うのです。そして「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のいずれか、あるいは両方の認証を受けている無線機に付けられるのが技適マークとなります。技適マークが付いていない無線機は、基本的に日本国内で使用することができません。

日本における技適マークが確認されました。問題なし。

IMG_8742

iPhone 6s Plusの海外版はどこで買う?

Appleストアがあればそこで買うのがよいでしょう。しかし、今回購入したミラノでは、Appleストアは郊外にあり、どうしても行くことができませんでした。そこで、「アップルプレミアムリセラー」のMediaStoreで購入することに。

アップルプレミアムリセラーとは

Appleストアではない、アップル製品専門店です。当然、Apple公認ですので安心して購入できます。MacやiPhoneなどはもちろん、関連製品も豊富に取りそろえられています。店員さんも知識があり、Appleストアみたいな対応をしてくれます。

ちなみに、Apple Storeアプリを使うと日本はもちろん、世界のアップルプレミアムリセラーを探すことができます。

IMG_9513
アプリで[お近くのストア]をタップ
IMG_9514
[すべてのApple Premium Resellerを見る]をタップ

 

IMG_9515
国を選択
IMG_9516
該当する国のショップが表示される

結局どこで買ったかというと、Mediastore

Mediastoreはイタリアのアップルプレミアムリセラーです。何店舗か回って、在庫のあるところで買いました。市内のお店でも、在庫状態がまちまちでした。

Home | | Mediastore Apple Premium Reseller Milano

価格は999ユーロでした。当時の為替的に、13万円台後半です。

IMG_8745

さいごに

iPhoneの海外版を購入しようと思うと、以下のいずれかになるかと思います。

  • バイヤーを通して輸入通販する
  • オークションなどで購入する
  • 現地の知人などに頼む
  • 現地で調達する

海外製品を購入できるサイトやオークションにおいては、海外版SIMフリースマートフォンは高額です。これは関税・送料の問題があるため、端末自体は安くても、それに乗せられる送料がものすごく高く(iPadをカナダから買おうと思ったら、+3万くらいかかるようだった)総額でけっこうかかってしまいます。

また、安心できるサイトからの購入であればよいのですが、詐欺や粗悪品と言った可能性もあるため、リスクが伴います。

海外旅行に行った際の現地調達が確実ですが、為替によっては日本で普通に買う方が安かったりもします。ただし、免税の手続きを利用することにより、還付などで安く購入できることも。国にもよりますが、海外の消費税は高額だったりしますし。

あとは、破損時の修理リスクなどもあるため、日本で買える製品との差額を、シャッター音でトレードする価値が見いだせれば、オススメです。ちなみに、iPadの海外版も同容にシャッター音が鳴りません。

正確に言えば、マナーモード時にはシャッター音を無音にでき、非マナーモード時でボリュームが有効になっていれば、通常通りシャッター音が鳴ります。スクリーンショット音も同様です。

私はレストランなどでの撮影や、スクリーンショットを撮る際に重宝しています。

 

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。