新型MacBook Pro(2016)を買ったら、あわせて買いたい便利な周辺機器 おすすめアイテム厳選6個

新型MacBook Proが出ましたね。Touch Bar搭載、薄型軽量化など、ハード面でかなりの変更がありました。最も大きな特長の1つとして、USB3.0ポート・HDMIポート・Mag Safe・ディスプレイポートなどの各種ポートが廃止され、代わりUSB-Cポートが追加されました。USB-C自体は、12インチのMacBookから採用されているのと、Windowsやタブレット端末でも標準採用されるケースも多くなり、わりと身近なインターフェースとなってきました。

今回は、USB-Cポートしか備えていないMacBook Pro 13インチを購入する際、あわせて揃えておきたいマストバイアイテム厳選6個をご紹介します。

持ち運びに便利な軽量のACアダプタ(小型・軽量)

MacBook Proの純正アダプタのほかに、持ち運び用や、会社や自宅など別な場所に置いておくのに便利なACアダプタです。USB-Cのほかに、通常のUSBポートもついているため、iPhoneやiPadを同時充電も可能です。使用しながら充電可能です。

USB-C to USB-Cケーブル(持ち運び・PD対応モバイルバッテリーなどから充電)

ACアダプタと接続するためのケーブル。ナイロン製でねじれやヨレに強いため、たばねたり巻いて収納しても断線の心配がありません。2mをチョイスすると安心です。

USB 3.0 → USB-C 変換コネクタ(従来のUSBケーブルを使用する用)

Lightningケーブルや従来のUSBを有効活用するには、USB−Cに変換するためのコネクタがあると便利です。パソコンからiPhoneを充電したい!というときもあるでしょう。

USB 3.0→USB-C ケーブル(iPadのACアダプタから充電する用)

MacBook Proは、USB-Cコネクタを採用したことにより、充電や給電をモバイルバッテリーや外部電源から行える仕様となりました。

実は、MacBook Pro 13インチはiPadの小型アダプタ(10W)から充電が可能です。※実証済み
使用しながらだと全然バッテリーに充電が入りませんが、画面を閉じて一晩おけば満タンになります。iPadのアダプタを利用するためのケーブルです。

HDMI接続 (USBハブ 4ポートつき)

MacBook ProはHDMIポートも廃止されたため、HDMI接続をするためには、変換しなければいけません。私はセミナーでプロジェクターに接続する機会が多いため必要です。

さらに言えば、セミナーではプレゼン用リモコンのレシーバーをUSBで接続する必要がある場合、USBハブ付きのものをチョイスすれば一石二鳥です。

VGA接続

セミナーの環境によっては、HDMI接続ではなくVGA接続をする機会もあります。身の回りの環境は、最近はHDMI接続が多くVGAの需要が少しずつ減っていくかと思います。そのため、USBハブなどは不要で、単機能のものをチョイスします。

以上、これらのアイテムがあれば、旧来のMacBookで利用していた周辺機器や充電環境が便利に整います。

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。