UGREEN Apple Watch対応モバイルバッテリー 2200mAh レビュー

UGREENさんに、Apple Watchが充電可能なモバイルバッテリーをご提供いただきましたので、使用感などをレビューです。UGREENは、AmazonなどでPC周辺機器やケーブルなどを販売している会社です。

UGREEN Group Ltd Official Website

Apple Watchの充電問題

ウェアラブルデバイスとして、Apple Watchはまったくもって充電が持ちません。よくて2日と言ったところ。いつでも充電ができる環境がなければ、使い勝手が落ちてしまったりします。

また、私は普段は別な機械式の時計を愛用しているため、こちらは身につけていないと止まる、といった面もあります。Apple Watchを家でも会社でも充電できるようにするには、やはりどちらにも充電器があるのが望ましいです。いちいちケーブルを外して持ち運んでもいいのですが、ちょっとスマートじゃないですよね。そして、ケーブルを増やすにしても、純正品はとても高い。1mで4000円以上もします。

UGREEN Apple Watchモバイルバッテリー 磁気充電式 iPhone同時充電可能 2200mAh

今回ご提供いただいた商品はこちらです。

マニュアルとワランティが付属しますが、すべて英語か中国語での説明です。しかしながら、操作的にはApple Watchを乗せるだけ・ケーブルを挿すだけなので特に問題はありません。

モバイルバッテリーの先頭に、磁気によるワイヤレス給電技術 Qi(チー)が搭載されています。この部分にApple Watchを乗せると、充電がはじまります。

このモバイルバッテリーの容量は、2200mAhと、モバイルバッテリーにしては少なめな容量です。うたい文句としてはiPhoneとApple Watchを同時に充電とありますが、容量が容量なので、Apple Watch専用品のような使い型がよさそうです。

Apple Watchを3回程度、フル充電することができます。

モバイルバッテリー本体への充電は、Micro USB端子から行います。ケーブルは付属されています。

USB端子が1つあるので、ここからスマホなどに充電が可能ですが、容量不足感がいなめないので、過信しない程度の使い方がよいでしょう。

重量は、わずか96グラム

UGREENのApple Watch対応モバイルバッテリーは、わずか96gです。かなり軽いため、常に携帯していてもたいして気にならない重量です。商品の角も面取り加工がされれれているため、カバンの中でほかの機器にダメージを与える心配も少なさそうです。

まとめ

Amazonではいろいろなメーカーからモバイルバッテリーが売られていますが、単に値段と容量だけが判断基準ではありません。

ジャンル抑えるべきポイント
バッテリー容量自分の利用する環境にあったバッテリー容量かどうか
価格バッテリー容量の単価に見合った金額かどうか
(ただし、Apple Watch対応などの特殊仕様で価値は変わる)
急速充電対応2A以上だと充電のスピードが速い
重量メーカーによっては、同じ容量であっても重量が軽いものもある
素材アルミかプラスチックが主流
プラスチックのほうが、本体にキズがつきにくい、体感重量が軽い
形状角の処理がどうなっているかを確認。面取り処理がない場合は、一緒に扱う機器にダメージが出る場合も

これらのバランスがとても重要です。例えばアルミの筐体は質感がよくカッコイイのですが、スレによるスマホへのダメージが懸念されます。
モバイルバッテリーは、それ自体が主役ではないため、充電先の本体を傷つけにくい、プラスチックで角がないものを選ぶのがオススメです。

 

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。