Brackets 1.10にアップデートした際、フリーズ状態になって終了もできなくなった際の対処法

Adobeがリリースしているオープンソースのアプリケーション「Brackets」がバージョンアップし、1.10になりました。
この際、拡張機能の構成によってはフリーズして終了もできなくなる現象が起こります。「Shizimily Multiencoding for Brackets」を外せば、起動するようになります。

問題の現象

  • 起動はするものの、サイドバーの中身が表示されない
  • ボタンやメニュー部分が無反応
  • キーボードショートカットが効かない
  • メニューからの終了や、アイコン押下による終了も効かない
  • 強制終了が、終了する唯一の手段

 

原因は、Shizimily Multiencoding for Brackets

最近、Bracketsのアップデートでは以下の対応がなされました。Shizimily Multiencoding for Bracketsは、BracketsでShift_JISやEUC-JPなど、UTF-8以外のエンコーディングを扱う際に導入していました。入れている人、けっこう多いんじゃないでしょうか?

複数のエンコードのサポート

Brackets が 40 種類以上のファイルエンコードに対応するようになりました。様々なエンコードを使用して、ファイルを表示/保存できます。

これまでお世話になったShizimily Multiencoding for Bracketsはこのバージョンからは不要になりましたので、外す必要があります。

Bracektsの強制終了

まず、Bracketsを終了させる必要がありますので、以下のコマンドを実行します。タスクマネージャーを呼び出して、終了をかけましょう。

Macの場合…command + option + esc

Windowsの場合…Ctrl + Alt + Del

Shizimily Multiencoding for Bracketsの外し方

まず、拡張機能がおさめられているフォルダを目指します。

Macの場合

/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Brackets/extensions/user

Windows 10の場合

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Brackets\extensions\user

「brackets-shizimily-multiencoding」を除外すれば、通常起動するようになります。ちなみに、外したあと再度拡張機能のインストール画面から最新版を試してみるも、同じようにフリーズしてしまいますので、UTF-8が主流となった時代的にも、外してしまっていいかと思います。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。