持ち運びに超絶便利な5000mAhモバイルバッテリー(dodocool)

Amazonでスマホの周辺機器などを販売している「dodocool」さんよりモバイルバッテリーのサンプルをご提供いただいたため、使用感やデザインについてのレビューをしていきます。

dodocoolは、アメリカ、イギリス、ドイツなどでも販売しているPC周辺機器のメーカーです。デザインも悪くなく、安価で質の高い製品を販売しています。

アマゾン商品ページ

https://goo.gl/xZBBhe

dodocool公式サイト

http://www.dodocool.com/

今回いただいた商品はこちらです。

5000mAhというちょうどいいサイズのモバイルバッテリー

近年では、モバイルバッテリーは価格も安くなり、家電量販店やコンビニでも手に入ることから、非常に身近な存在です。1人1個、というより1人で複数個持っていても不思議ではありません。

モバイルバッテリーは、容量が大きければ大きいほどよいというわけではなく、自分の環境や所持する端末に合ったものを選ぶことが重要です。容量の大きいものは、30,000mAhくらいのものもありますが、重量は500g弱ほどになり、日々の携帯にはちょっとたいへんです。重さを感じつつ、かつ安心な容量だと、5000mAhくらいがちょうどよい感じでもあります。iPhone7 Plusを、1回いい具合に充電が可能です。

万が一のために、くらいの感じであれば、5000mAhもあれば十分事足ります。

dodocoolのバッテリーは、薄型+ケーブル内蔵型

最近のモバイルバッテリーは、大容量&軽量が進んでおり、1年前くらいのバッテリーと比べても性能が格段に向上しています。特に、重量に関しては、同じ容量なのにまったく異なる印象が強いです。

今回のモバイルバッテリーも、容量はそこそこありながら、薄型、軽量を実現した優秀なモバイルバッテリーです。

このモバイルバッテリーには、本体サイズと同等のUSBケーブル(microBとLightning)が2本と、通常のケーブルが1本付属します。このバッテリーは2500円ほどですが、ケーブルコストを考えると、リーズナブル感が強いです。

背面。5000mAhの刻印。Outputが2ポートありますが、どちらも1A出力ですので、急速や一気に充電を入れる感じではありません。

本体に収納できるケーブルを使って充電すると、こんな感じになります。ケーブルが短いため、無造作な接続ではなく、ある程度きっちり向きや表裏を揃えた状態で使用します。

重量は、ケーブル込みで126g

重量の実測です。Lightningケーブルをつけた状態で126gでした。ケーブルの重さは実質4g。本体もケーブルも、かなり優秀な部類の重量です。

ケーブルを抜いた状態では122gでした。専用のケーブルを装着しなくて持ち出せます。しかしながら、通常のUSBケーブルはこれよりも重量があるため、実質装着しっぱなしでも優秀なレベルですね。

ライバルは、Anker PowerCore Slim 5000

5000mAhの同価格帯、同サイズのライバルでは、「Anker PowerCore Slim 5000」があげられます。

 

こちらは、本体のみで重量が120gです。価格は2300円〜2500円程度ですが、充電にケーブルが必須なことを考えると、今回はdodocoolのバッテリーのコスパに軍配です。

dodocoolの5000mAhバッテリーは、角が面取りされたデザインです。筐体はiPhone7のピアノブラックのようなツルッとした表面です。小傷が目立ってしまいますが、クラス軽量級の重量と、ケーブルの利便性が高いため、たいへんオススメな一品です。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。