Macのカラーパネルを便利にするColorPickersプラグイン7選

Mac OS Xの純正カラーパネルは基本的な機能は備えていますが、あまり使い勝手はよくありません。これをプラグインでカスタマイズして便利に使う方法をご紹介。

使い方は簡単で、所定の場所にプラグインファイルをコピーするだけです。
個人的に使えるなと思ったのは、上から3つ。ぜひお試し下さい。

格納場所

全ユーザで使用する場合… Library/ColorPickers/
個別ユーザで使用する場合… Users/ユーザ名/Library/ColorPickers/
ColorPickersフォルダが無ければ作成します。

Hex Color Picker 1.4

選択や虫めがねでWeb カラーコードを取得します。16進表示でweb制作に必携です。クリップボードにコピーする機能もあり。
http://wafflesoftware.net/hexpicker/
01-Hex

Mondrianum

Adobe Kulerをカラーパネルで利用。表示はカバーフロー風。
http://www.lithoglyph.com/mondrianum/
02-Mondrianum

Developer Color Picker

Panicが提供するデべロッパー向けのカラーピッカー。
http://www.panic.com/~wade/picker/
03-Developer

Shades

HSBベースのピッカー。同系色でのカラースキーム作成に便利そうです。
30日のトライアル版が使えます。製品は有料です。日本円で1874円。
http://www.chromaticbytes.com/shadesTour.php
04-Shades

Painter’s Picker

カラーホイール、こちらも有料。約20ドル。
http://www.old-jewel.com/ppicker/
05-Painter

PIC24G 1.1.5

カラーキューブを追加します。ドラッグして回転・ピックモードで色を拾います。
http://www.eonet.ne.jp/~imappie/Software/PG.html
06-PIC24G

dsPIC24G 2.0.0 + 1.0.7

PIC24G 1.1.5と同じようなものですが、ダブルスクリーンのカラーキューブです。
http://www.eonet.ne.jp/~imappie/Software/DS.html
07-dsPIC24G

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。