アップル Magic Mouse インプレ

アップルのオンラインストアで注文可能になってから1Click注文。10/30に到着しました。Mighty Mouseなんかと比べて雑感を。

Magic Mouse

重い

電池が2本使用になりました。元々ワイヤードのMighty Mouseを使用していましたが重さは相当違います。ポインタの精度は問題無いですが、重量で操作感がかなり変わるので慣れが必要です。

持ち方が変わった

Mighty Mouseや一般的なマウスは手前の部分がふっくらしています。これは手を添えたとき、手のひらの下の部分がマウスに当たるため「抱え持つ」ような状態になります。Magic Mouseは高さが無く平べったいため手の下の部分が当たりません。「指でつまんで持つ」感覚です。これは昔Appleで純正で出たまん丸マウスの感覚に似ています。個人的には手が当たった方が持ちやすいような気がします。

マウスパッドが邪魔

全体的にぺったりとしたフォルムのせいで、手のひら下の部分がマウスに当たらなく、逆にデスクに当たるようになりました。このせいでマウスパッドの縁に手が当たり、とっても邪魔です。マウスパッドは撤去しました。

マルチタッチ(スクロール)

慣性スクロールは小気味良い感じです。惰性で動いている途中でもう一度タッチするとぴたっと止まります。control + スクロールでの画面拡大中でも止められます。感知エリアも中心より下まであり、「どこでもスクロール」出来る感覚です。

マルチタッチ(2本指スワイプ)

ブラウザは現在の所、Safari対応ですが実際やってみるとマウス自体も動いてしまい操作しづらいです。そもそも親指・薬指・小指を固定しながら人差し指・中指を横移動する動作自体に無理があります。

Firefoxはoption + 指1本スワイプで戻る・進むが実現できます。

ボタンが少なくなった

Mighty Mouseはサイドボタン・センターボタン(ボール部分押し込み)がありましたが、ゴッソリ廃止されました。4ボタンから2ボタン、単純な数にして半分。基本クリックボタン以外にExposeやSpacesなどを割り当てている人も多く、Magic Mouse使用における代替はショートカットになりそうです。

悪評だったスクロールボールが廃止されました。ボールが無いおかげでメンテナンスフリーになったのはありがたいです。

底面の傷が心配

底面において、前後の張り出しが非常に長く、持ち上げして着地させる際、後ろの部分を擦ります。車みたい。

総評

良くも悪くもAppleらしいマウスです。Mighty Mouseも継続して販売されるので、自分の使い方に合う方をチョイスするといいでしょう。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。