Snow Leopardのデスクトップアイコンが右寄せされる問題・解消方法

Snow Leopardにアップグレードしてから、デスクトップアイコンが右に寄ってしまうバグに頭を悩まされてました。症状がおこらない人もいるようです。先日、同じ症状で苦しむ人に聞いてみたところ「マルチモニタ」という共通点もありましたが、どうやらそれも違うらしく…。

ということでそろそろ何か情報は無いかな?と探していたところ…AppleScriptを使って何とかしている人がいました。OS Xとしての根本的な解決ではありませんが、毎回アイコンをちまちま戻すよりよっぽどいいです。作者に感謝の意を表すと共に、ありがたく使わせていただきます。

1.使い方

AppleScript エディタを起動し、下記のコードをコピー&ペーストします。AppleScript エディタは「アプリケーション ≫ ユーティリティ」の中にあります。

property iconList : {}
property locList : {}

tell application "Finder"
if iconList = {} then
set iconList to every item of desktop
set locList to desktop position of every item of desktop
display dialog "記録しました。" buttons {"OK"} default button 1
else
repeat with i from 1 to (number of iconList)
try
set desktop position of item i of iconList to item i of locList
end try
end repeat
display dialog "戻しました。" buttons {"OK"} default button 1
end if
end tell

001
とりあえずペースト。

002
コンパイルアイコンを押すとコードが整形されます。

2.保存

「ファイル」メニューから「別名で保存…」を選び、任意の名前、場所に保存します。この時ファイルフォーマットを“アプリケーション”にしておくと便利です。

003

3.記録/呼び出し

アプリケーションスクリプトを実行すると。起動するか戻すかのダイアログが出てきます。整理した後保存しておいて、不具合の症状の時に復元実行します。

004

ありがとうございました。kimuxさんの所のスクリプトはダイアログがもうちょっと便利になった拡張版です。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。 主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。