住所や名前、メールアドレスなどキーボードで何度も打つ文字列は「単語登録」をしよう

住所や会社名、電話番号や自分の名前など、キーボードで何度も打つ文字は入力ツールの「単語登録」をしておくと便利です。OS標準の「ことえり」「Microsoft IME」でもできますし、「ATOK」や「Google 日本語入力」でも可能です。

生涯、何百回(何千回?)も打つわけですから、その負担は少しでも軽くしましょう。

面倒なのは最初だけ、あとは超ラクになります

こういった作業で面倒と感じるのは最初だけです。一度設定してしまえば、ずっと使えるのでぜひとも設定しましょう。

ATOKで使うには

ATOKのクラウド版には「ATOK Sync」という機能があり、異なるデバイス間で学習変換や単語登録の辞書を共有することができます。

Google 日本語入力で使うには

Google 日本語入力 開発版
https://tools.google.com/dlpage/japaneseinput/eula.html?hl=ja&extra=dev

動作が完全に保証されていませんが、Google 日本語入力の開発版でも、異なるデバイス間の共有が可能です。

単語登録の際のコツ

使うワードはさまざまですが、多くの場合住所や会社名などだと思います。そこでちょっと気を遣いたいのが変換するためのキーワード。私の場合、

  • 会社名
  • 本人
  • 固定電話番号
  • 携帯電話番号
  • 会社住所
  • 会社住所ビル名まで
  • 自宅住所
  • 自宅住所マンション名まで
  • メールアドレスを4つくらい
  • Webサイトアドレスを5つくらい

など、さまざまなものを登録しています。私の場合、変換キーワードに「しぐ」と設定しています。「なまえ」「じゅうしょ」「めーる」などはまだいいとして、たとえば書籍名などが入ってきたときには「ほん」とか、変換するための言葉が増えて煩雑化してしまいます。

シグネチャ(Signature)は「署名」的な意味があるので、「自分に関すること」というルールで、「しぐ」を変換キーワードとして採用しています。これだと、どんな単語を登録するにしても、自分絡みであれば意味もそう遠くはならないはず。

002

変換するとこんな感じになります

「しぐ」変換キーワードで呼び出すと、よく使う自分周りの単語が出てきます。便利です。今後登録するワードが増えてもいいように、その単語が意味する言葉ではなく、機能などをルールにすると良いかと思います。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。