ATOKで意図しない変換候補を削除する方法

日本語入力システムの代表格「ATOK」は、ユーザーの使用状況によって変換の学習を行い、より津勝手が良くなるように配慮されています。

しかし、一度やってしまった誤変換や意図しない変換候補が先に出てきてしまい、使いにくい場面もあります。そんな誤変換や意図し合い変換候補を削除する方法。

悩まされた事象

「時間」と変換したいのに、「字間」が真っ先に出てきてしまう。

何かの文書を作成しているときに「字間」という変換を行い、そのまま登録されたわけですが、「じかん」から変換すると、「時間」よりも「字間」が先に変換候補に出現してしまいます。

Screenshot 2014-02-04 10.56.15

使用頻度は「時間」の方が圧倒的に多いので、とても困っていました。そして、しばらく地道に変換していれば、頻度的に上書きされるだろうと思って数ヶ月使っていてもいっこうに順位変動の変化がなし。

 

重い腰をあげて調べてみたところ、あっさりと解決…。

ATOKの変換候補を削除する方法

参考はこちらです。
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=021107

ジャストシステムのサポートページにやり方が記載されています。

特定の省入力候補/推測変換候補を削除する方法

ジャストシステムのサポートページより。

  1. 削除したい候補を次のいずれかの方法で表示します。
    • 先頭の文字入力し、[tab]キーを押します。
    • 先頭の文字を入力してスペースバーを押し、候補ウインドウが表示されたら[0(わ)]キーを押すなどして、変換候補の0番を選択します。
    0番候補
  2. スペースバーを押して、削除したい候補を選択します。
  3. [control]+[D(し)]キーを押します。
  4. 削除を確認するメッセージが表示されたら、[削除]をクリックします。

ということで、大問題の「字間」にフォーカスし、control + Dを押したところ…
ダイアログが出て、削除ボタン。

Screenshot 2014-02-04 10.56.25-minishadow 

Screenshot 2014-02-04 11.11.02

消えました!!!

まとめ

ATOKは、よく使う単語は積極的に登録するなどして、驚愕の効率化を図ることができます。しかし、思い通りにならない部分はしっかりと調整して上げる必要があるため、「登録」だけで終わらせずに、変換候補などのメンテナンスも必要そうです。

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。