Macのスクリーンショットでドロップシャドウをなくす方法

Macでスクリーンショットを撮ると、ウィンドウの周りに影がつきますが、これがなかなかやっかいで、ブログを書いたり、画像としてレイアウトする際に、その冗長な影がジャマになるときがあります。そんな影をなんとかする方法。

通常のドロップシャドウの挙動

以下の画像のように、じんわり多めの影がつきます。

001

ドロップシャドウをつけないでスクリーンショットを撮る

command + shift + 4space 、 option を押しながらウィンドウをクリック

すると、影がまったくつかない状態でスクリーンショットが撮れます。デフォルトをオフにすようなターミナルのコマンドもありますが、シャドウをつけたい場面も出てくるので、この一時的な切替はとても役に立ちます。optionキーすごい。

no-shadow

アプリで何とかする方法、MiniShadowで影をコントロール

MiniShadowを使えば、影を「なし」「ごく少なめ」「少なめ」と、段階的に付けることができます。見た目的にも美しいので、ブログや書籍などで重宝します。

icon minishadow

 

MiniShadowのちょっと困った挙動

MiniShadowは、ファイルをアプリケーションにドロップして変換をかけます。が、保存先をいちいち指定されちょっとうっとうしいです。。

この問題はDTP Transitでも取り上げられています
Mac OS Xの画面スクリーンショットの影をコントロールする「Minishadow」がアップグレード(だけど要注意) – DTP Transit(Photoshop, ユーティリティ, 原稿整理、編集)

影を薄くキャプチャするちょっとした裏ワザ

通常にスクリーンショットを撮ると、以下のような影の量ですが、

001

 以下の画像のように、ウィンドウが重なったような状態で、背面のウィンドウをスクリーンキャプチャすると、

002

このように、小さい影としてスクリーンショットが撮影されます。

Macは、非アクティブウィンドウのシャドウが薄いです。

003

ちょっと難アリ

 ただし問題が。ウィンドウ自体が背面にあるため、パネル部分の色が飛んでいます。上が通常のキャプチャで、下が非アクティブをキャプチャしたもの。

この、色が飛んだ状態でも使えるようなスクリーンショットであれば問題ないのですが…。もしくは、背面にあるウィンドウの色を変えさせない何かしらのユーティリティとか。

004a

Jimdo

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。