オフィスの「セミナーモード」のご紹介。コンパクトスペースながら最大25人収容のプレゼンテーション空間

2017年2月22日に会社を移転しました。その際、内装や機能性にこだわって仕上げましたが、今回は「セミナースペース」のご紹介をします。

テーマは、プレゼンテーションやセミナーができる空間の作成

セミナーを開催する場所といえば、大きな会社では「会議室」持っていたりしますが、家賃や諸々のコストを考えると、小さな会社では常設で持つのはちょっとたいへんです。ミーティングスペースを、セミナースペースに応用できれば有効活用が可能です。ということで、「セミナーモード」の状態をご紹介します。

ミーティングモード(通常時)

通常時は、長テーブルにイスが12席並びます。端から端まで3m半くらいあるので、複数の打ち合わせにも対応可能です。中央は、天井からのロールスクリーンで、6人+6人で仕切ることもできます。

セミナーモード

天井のダクトレールは調光式のため、時間帯や雰囲気にあわせて明るさを変えることができます。正面には天吊りの100インチプロジェクタースクリーンがあり、必要に応じて引き出すことができます。

テーブルには12席あります。

後方にはベンチを設置しており、ここは5名座れます。

そのほか、丸いすが8脚あります。ちょっと狭くなりますが、最大25席の確保が可能です。

演台は、バーのカウンターテーブル。

プロジェクターも、天吊りで投影します。

壁からはHDMIケーブルが引き出せるようにしています。その先端にHDMIリピーターを接続し、延長してPCまでつなげることができます。

HDMIは壁の中を這わせて、スクリーン下からアクセス可能にしています。壁の中のHDMIケーブルが20mあるため、単に延長コネクタだとケーブルやマシンによって投影ができない場合がありますので、信号増幅のリピーターを使用します。

さいごに

10人〜20人くらいの規模でしたら、いつでもセミナーを開催できるスペースができあがりました。面識のある方であれば、会場としてお貸しできますので、詳しくはお気軽にご相談くださいませ。

 

オススメ書籍

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

かっこいいだけではなく、人が集まるホームページを作る!

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert 宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。 Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年退職後すぐにマジカルリミックスを創業。2007年に法人化で株式会社マジカルリミックスを設立。Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。主な著書に『10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。